Screenshot 2021-06-21 at 15.46.11.png

日本語の活動

日本語の活動は、日本の文化や季節の行事にちなんだ制作や遊び、ゲームなどを通し、日本語を実践で使う時間です。

 

子どもの言語教育のために使われるゲームやアクティビティをしたり、友達とスナックを食べながら交流したり、楽しく物を作ったりする中で、子どもは自然に言葉を使い、学ぶようになります。

 

座ってするお勉強だけでなく、体や手先、視覚を使って活動すること、友達と自由にコミュニュケーションすることなどの体験を通して、『ことば』は子どもにとって生きたものになっていきます。