top of page
Search

日本文化体験学習「浴衣体験」👘

先週の日本文化体験では浴衣を着る体験を行いました。


夏に着る日本の伝統的な衣装である浴衣や甚平。一度は着た事があると言う子ども達も多くいましたが、今回は「自分で浴衣を着る」を目標に文化体験を行いました。


まずは浴衣をはおり、衿先の右左をそれぞれ持ち、右と左どちらを上にする?というところから。着丈を決めて、左手を上にして腰紐を結んでみました。次は、おはしょり整えて胸紐を結び、最後は帯結び。なかなか自分1人で着るのは難しそうでしたが、一生懸命やってみようとする姿や、着れた時の嬉しそうな表情が印象的でした。


全員浴衣や甚平を着たら、「東京音頭」の歌に合わせて盆踊りをしました。何度か踊っているうちに振り付けを覚えている子どももちらほら。最後終わる頃には教室全体が熱気につつまれていました。


今週は七夕をテーマに、本物の笹の葉に自分で書いた短冊や飾りをつけて持ち帰ります。子ども達がどんな願いを書くのか、飾りを作るのか今から楽しみです。また、今週も浴衣や甚平を着て、日本の夏を感じながら活動していきます。ご自宅に浴衣や甚平をお持ちの方は着て来てくださいね!








2 views0 comments

Comments


bottom of page